当サイトには広告が含まれます ゲーミングPC

【FRGKB760/WSA/NTK】レビュー&スペック解説

ゲーミングPCの基本性能

製品名FRGKB760/WSA/NTK
価格249,800円
スペックWQHD以上
フルHD高リフレッシュレート向け
コスパ 5.0
構成・品質 4.5
サポート 4.0

フロンティア公式で最新セールを見る

レビュー

期間限定のセール特価とはいえ、Core i7-14700F×RTX 4070 SUPER×32GBメモリで、25万円切りの価格設定には驚きです。

他の主要BTOショップの同価格帯、同スペックのモデルと比較しても、圧倒的とも言えるコスパとなっています。

性能面は、WQHD以上の高解像度やフルHDハイリフレッシュレートが狙え、多くのゲームでワンランク上のプレイが可能。

また、20コアCPUでマルチスレッド性能が高く、メモリも大容量のため、動画編集や実況配信で有利になります。

ただし、メモリ規格はDDR4で、全てのパーツが最新ではありません。よって、コスパを重視し、25万円以内でできるだけ性能を上げたい人におすすめです。

メーカーFRONTIER (フロンティア)
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUCore i7-14700F
GPUGeForce RTX 4070 SUPER
メモリ32GB DDR4-3200
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
電源750W 80PLUS GOLD
マザーボードB760 チップセット
CPUクーラー空冷クーラー
光学ドライブ無し
サイズ約幅215×高347×奥行401mm

メリット

抜群のコスパ
最新世代Core i7
最新シリーズGPU
大容量メモリ
サイドフローCPUクーラー
750W GOLD電源
1TBストレージ

デメリット

セール特価で価格が変動する
納期が1週間前後
電話サポートが10:00~19:00まで
光学ドライブ・マウス・キーボードなし

>>フロンティア公式の最新セールを見る

特徴&スペック解説

CPU:Core i7-14700F

第14世代Core i7-14700Fは、現時点で最新世代のCPUになります。内蔵GPUを非搭載にしたF付モデルで、基本性能はそのままに、価格が抑えられていることが特徴です。

20コア28スレッドで同世代のCore i5よりも高性能なため、ゲームはもちろん、動画エンコードや実況配信のような負荷のかかる処理をより高速に行えます。

また、RTX 4070 SUPERとの相性も良好なので、CPUとGPUのバランスを取りやすい組み合わせとなっています。

GPU:RTX 4070 SUPER

RTX 4070 SUPERは、現時点で最新のRTX 40シリーズに属するGPUで、その中でも2024年1月に追加されたSUPER付きモデルの一つです。

その性能は、70番台にもかかわらず、前世代のRTX 3090に匹敵するレベル。このため、多くのゲームで、WQHD以上やフルHDハイリフレッシュレート環境を狙えます。

それでいて、消費電力は220W程度で、初心者にも扱いやすいです。4Kメインには、やや心細いですが、一般ゲーマーにとって現状では申し分ない性能と言えるでしょう。

メモリ:32GB

メモリ規格は、DDR4-3200で、今最新のDDR5ではありません。

それでも、ガッツリ32GBなので、よほどコアなゲーマーでない限り十分なメモリ容量です。

ゲームを起動させたままのYouTube、クリエイティブ作業など、さまざまなシーンに対応できます。

おすすめカスタマイズ

ストレージ追加

ストレージの空き容量が極端に少なくなると、あらゆる動作中にカクつく場合があるので注意です。

スペック表には1TBと書かれていても、OSがインストールされ、実際にPCが届くときには容量がそこそこ減っています。

最近では大型のタイトルも増えていて、例えばPC版FF15では100GB以上を推奨するような状況なので、ストレージ容量は余裕あるくらいをおすすめします。

CPUグリス→各カスタマイズグリス

通常は、標準グリスで問題ありません。ですが、ゲームや動画編集など長時間負荷がかかる用途では、より熱伝導率の高いグリスに変えることも選択肢の一つです。

せっかく高性能なCPUを搭載していても、冷却力が低いと発熱で性能がダウンし、能力を最大限に引き出せないこともあります。

PC購入時のグリス交換なら、2000円前後の手頃な価格から行えるため、予算が許すならぜひ検討してみてください。

>>フロンティア公式の最新セールを見る

まとめ

FRGKB760/WSA/NTKは、メモリ規格が最新ではないものの、全体的な構成を考えれば素晴らしいコスパとなっています。

ほとんどのゲームで、高解像度やフルHD高リフレッシュレートでのプレイを実現し、動画編集や実況配信まで苦手な用途がありません。

電話サポートが24時間体制でないところが弱みですが、価格設定はとても優秀なので、コスパを重視する人はぜひ検討してみてください。

関連記事
【6月】フロンティアのセール情報&おすすめBTOゲーミングPC

続きを見る

  • この記事を書いた人

ミルミル

PCゲーマー歴30年。PC・ゲーム・ブログを愛しています。 70000PV達成、Twitterフォロワー数1万人。 当ブログ「ゲームPCライフ」では、ゲームや仕事で極上の環境を手にしたい人に向けて、ゲーミングデバイスやPCに関する情報を発信しています。

-ゲーミングPC
-